入れ歯の種類と値段

入れ歯の種類と値段

失った歯の本数、部位によって、かみ合わせの回復方法にはいくつかの方法があります。
その方法として、大きく分類すると「入れ歯」「ブリッジ」「インプラント」の3種類が挙げられます。
ここでは、その中でも「入れ歯」にしぼってお伝えしたいと思います。

部分入れ歯
総入れ歯総入れ歯

部分的な入れ歯

保険の入れ歯
レジン床
(プラスチック)
 
丈夫 ★
快適 ★
食事 ★
会話 ★
価格 約1万円

金属床
コバルトクロム
+
プラスチック
丈夫 ★★★
快適 ★★ 
食事 ★★★
会話 ★★ 
価格 20万円

バネなし
コバルトクロム
+
ノンクラスプ
丈夫 ★★
快適 ★★
食事 ★★
会話 ★★
価格 25万円

レジン床(プラスチック)

レジン床

 
素材の基本は プラスチックです。
歯がある場合、その歯に 金属のばねをかけて入れ歯を固定します。
 
メリット

保険適応なので作製費用がおさえられます。

デメリット

バネが気になる場合があります。プラスチィックがメインなため、噛むと入れ歯がたわみ、歯肉に傷ができることがあります。噛む力が発揮しにくく、割れることがあります。ばねのかかる歯に負担がかかりやすくなります。

価格(税別)は、1万円程度。設計、本人負担割合で変動します。
 
バネが気になる方 → ノンクラスプデンチャーも参考にしてください
しっかりと噛みたい方  → 金属床も参考にしてください

金属床(金属で補強された入れ歯)

プレミアム

金属床

 
素材の基本は 金属です。
歯がある場合、その歯にばねをかけて入れ歯を固定します。
 
メリット

金属のフレームで全体的に補強してあるため、入れ歯がたわみにくく、噛む力が発揮しやすい。ばねのかかる歯の負担を軽減できます。金属で作製されているので、厚みが薄くなり、さらに食事の際に「温かい、冷たい」などがしっかりわかり、食事がたのしくなります。

デメリット

バネが気になる場合があります。

保険が適応されず、作製費用がかかります。

価格(税別)は20万円
別途、型どり、かみ合わせの調整の際に、自費再診料(2000円~3000円)がかかります。
 
バネが気になる方 → コバルトクロム金属床とノンクラスプのコンビネーション義歯をお勧めします。

バネのない入れ歯 ノンクラプスデンチャー

ノンクラスプデンチャー

 
少し歯が短く見えます

少し歯が短く見えます

 

こんな方にお勧めです

  • バネが気になってお口を開けて笑えない
  • 入れ歯の厚みが気になる
  • かたつきを抑えたい

 

メリット

バネがみえず、自然な見た目
薄くて快適です

デメリット

少し歯が短く見えます

大きな入れ歯はかたつきやすい→ 金属床との併用がオススメです
(コバルトクロム+ノンクラスプデンチャーとなります)

コバルトクロム+ノンクラスプデンチャー
見えるところは金属を使いません

見えるところは金属を使いません


価格(税別)
片側のみ 80,000円 両側 100,000円  
金属床とのコンビネーション 250,000円
作製時の型どりなどのステップで、自費の再診料はかかります。 

プラスチックと金属の入れ歯の違いは?

金属床の入れ歯の最大のメリットは、入れ歯のたわみが少ない。

その結果

  • しっかりと噛める
  • 入れ歯があたって歯肉が傷になることが少ない

 

さらに金属の強度から

  • 薄くできるので違和感が少なく、会話を妨げにくい
  • 冷たい、温かいなどが感じやすく、食事が楽しくなる

ことが挙げられます。
 
お試しができないのが残念ですが、プラスティックの入れ歯と金属入れ歯を両方使われてたことがある方は、みなさん、「全然違うものだね」とおっしゃいます。

保険の義歯(プラスチック) VS  金属の義歯 

薄いので快適…違和感が少ない、話やすい
熱を通すので…温かい、冷たいがわかりやすく、 食事が楽しめる
★金属なのでたわみにくく、 残った歯にやさしくっかりと噛める

あなたにおすすめの義歯はどのタイプ?

 
金属のバネが気になって、自然に笑えない

金属のバネが気になって、自然に笑えない
⇒
ノンクラスプデンチャー
 
入れ歯の厚みが気になる

入れ歯の厚みが気になる
⇒
金属床
⇒
ノンクラスプデンチャー
 
食事の時に、「温かい、冷たい」などもっと楽しみたい

食事の時に、「温かい、冷たい」などもっと楽しみたい
⇒
金属床

カウンセリングのご案内

どの入れ歯が最適なのか?一緒に探しませんか?
当院では、カウンセリングを行っています。お気軽にご相談ください。
 
お電話0566-41-8890にてご予約ください
その際に、「入れ歯の相談を希望です。」とお伝えください 

1回目
レントゲン撮影
口腔内診査、歯周病の検査
口腔内の型とり (患者さまの状態に応じて行います。)
※レントゲン診査、口腔内検査は保険分の負担(3,000円程度)をお願いしております

2回目
カウンセリング (お口の中の状態の説明、治療方針の相談)
どのような課題を優先しましょうか?
残っている歯の状態によっては、先に歯の治療をお勧めすることもあります
(バネをかける歯や、将来的に補修しなければならない歯を踏まえた手順を考えます)
だいたいの治療計画を立てていきましょう!!

無料カウンセリングを受けた後で、治療を必ず受けていただく必要はありません。患者さまからご要望がありましたら、治療ステップへと進みます。

全体的な入れ歯
予防歯科
入れ歯 義歯
かみ合わせ回復
歯周病
愛知県碧南市インプラント
ホワイトニング・審美歯科