全体的な入れ歯の種類と値段

全体的な入れ歯の種類と値段

部分入れ歯
総入れ歯総入れ歯

全体的な入れ歯

保険の入れ歯
保険の入れ歯
 
 
丈夫 ★
快適 ★
食事 ★
会話 ★
価格 約1万円

金属メッシュ
金属メッシュ
 
丈夫 ★☆
快適 ★☆
食事 ★ 
会話 ★☆
価格 8万円

コバルトクロム
コバルトクロム
 
丈夫 ★★
快適 ★★
食事 ★★
会話 ★★
価格 20万円

レジン床(プラスチック)

レジン床

 
プラスチックで作製された義歯です。
保険で作製される一般的な義歯です。
 
メリット

保険適応なので作製費用がおさえられます。

デメリット

厚みが気になる場合があります。
食事のさいにたわんで、噛む力が発揮しにくかったり、歯肉が痛むことがあります。

価格(税別)は、1万円程度。設計、本人負担割合で変動します。

金属メッシュ+プラスチック

金属メッシュ

 
金属メッシュで補強しております
特殊な型どりでフィット感アップ
 
メリット

金属メッシュの補強でフィット感アップ

デメリット

保険が適応されず、作製費用がかかります。

価格(税別)は8万円
別途、型どり、かみ合わせの調整の際に、自費再診料(2000円~3000円)がかかります。
 

コバルトクロム+プラスチック

プレミアム

金属床

 
金属のフレームで補強されている義歯です。
 
メリット

薄く作製できます。
食事の際に噛む力が発揮されしっかり噛めます。
「温かい、冷たい」の温度がわかりやすく食事の楽しみが増えます。

デメリット

保険が適応されず、作製費用がかかります。

価格(税別)は20万円
別途、型どり、かみ合わせの調整の際に、自費再診料(2000円~3000円)がかかります。
 

こんな方にお勧めです

通常の義歯では、厚みが気になってつけていられない方
食事の時の、熱い、冷たいなどの食感、味を良くしたい方
しっかりと噛んで食事を楽しみたい方

プラスチックと金属の入れ歯の違いは?

金属床の入れ歯の最大のメリットは、入れ歯のたわみが少ない。

その結果

  • しっかりと噛める
  • 入れ歯があたって歯肉が傷になることが少ない

 

さらに金属の強度から

  • 薄くできるので違和感が少なく、会話を妨げにくい
  • 冷たい、温かいなどが感じやすく、食事が楽しくなる

ことが挙げられます。
 
お試しができないのが残念ですが、プラスティックの入れ歯と金属入れ歯を両方使われてたことがある方は、みなさん、「全然違うものだね」とおっしゃいます。

保険の義歯(プラスチック) VS  金属の義歯 

薄いので快適…違和感が少ない、話やすい
熱を通すので…温かい、冷たいがわかりやすく、食事が楽しめる
 
※金属の義歯は割れることがほとんどありません。
(ひびが入ることはまれにあります。)

あなたにおすすめの義歯はどのタイプ?

 
金属のバネが気になって、自然に笑えない

がたついてフィット感が気になる
⇒
金属メッシュ
⇒
金属床
 
入れ歯の厚みが気になる

入れ歯の厚みが気になる
⇒
金属床
 
食事の時に、「温かい、冷たい」などもっと楽しみたい

食事の時に、「温かい、冷たい」などもっと楽しみたい
⇒
金属床

カウンセリングのご案内

どの入れ歯が最適なのか?一緒に探しませんか?
当院では、カウンセリングを行っています。お気軽にご相談ください。
 
お電話0566-41-8890にてご予約ください
その際に、「入れ歯の相談を希望です。」とお伝えください 

1回目
レントゲン撮影
口腔内診査、歯周病の検査
口腔内の型とり (患者さまの状態に応じて行います。)
※レントゲン診査、口腔内検査は保険分の負担(3,000円程度)をお願いしております

2回目
カウンセリング (お口の中の状態の説明、治療方針の相談)
どのような課題を優先しましょうか?
残っている歯の状態によっては、先に歯の治療をお勧めすることもあります
(バネをかける歯や、将来的に補修しなければならない歯を踏まえた手順を考えます)
だいたいの治療計画を立てていきましょう!!

無料カウンセリングを受けた後で、治療を必ず受けていただく必要はありません。患者さまからご要望がありましたら、治療ステップへと進みます。

部分的な入れ歯
予防歯科
入れ歯 義歯
かみ合わせ回復
歯周病
愛知県碧南市インプラント
ホワイトニング・審美歯科